インナーチャイルド ヒーリング専門サロン 

世の中の闇とスピリチュアリティ

世の中の闇とスピリチュアリティ

スピリチュアルな思考を持つ方々は
ネガティブなものに意識を向けるとそれにエネルギーを注ぐ結果になりますから
決してそれにフォーカスしてはいけません。
という考えをお持ちだと思います。

それは一理あるかもしれません。
ですがわたしのスピリットガイドは繰り返しわたしにこう教えてくれました。

『ものごとを「善悪」ではなく、「学び」という視点から見なさい』

ものごとには絶対的な善悪はないので
たとえば戦争のように大部分の人が痛みを感じるようなものであっても
そうでない人もいるわけですから
それは単に「好き嫌い」の問題でしかないのだと思います。
たとえどんなにそうは思えないとしても。

ネガティブもポジティブもそれは単に「好き嫌い」にすぎないのです。

ですからわたしが戦争などの世の中に苦しみをもたらすシステムに反応するのは
「わたしがそれを嫌い」だからです。

「不快」「嫌い」だと感じると
人はそれを自分の人生から取り除こうとしてそこに意識が向かうようにできています。
そして何かをそこから学びます。

今までの人生を振り返っても
逃げようのないような苦しみの体験のあとで
「あの後で自分は大きく成長したな」と思うことが多いのではないでしょうか?

そもそもわたしたちが現実と呼ぶシステムの中で体験することというのは
そこからわたしたちが何かを学ぶためなのですから
テキストの寄り好みをして得意な問題ばかり解いても
あまり学びにはならないのではないかと思うのです。

生物は
「嫌いなもの(不快)を避け 好きなもの(快)に向かう」
のが本能です。
それは全く問題ないと思います。
小さな子供も動物たちもみなそうしています。
またセッションを始めてお受けになった方々には
失っていたその感覚に従うようにお奨めしたりもします。

でもそれができるという前提の基で

「より大きな快」のために「目先の不快」を選択する
「より大きな不快」を避けるために「目の前の快」を捨てる
のは成長した人がとる選択です。

たとえば 理想の体型でいるために これを食べるのを我慢する
より大きな快のために目先の快を我慢する
試験に落ちたくないから 今起きて勉強する 
より大きな不快を避けるために目先の不快を選択する

などです。

これが進化や成長のステップですね?

これが選択できなければ その人は成長のチャンスを逃すことが多いかもしれません。
目の前の感情に振り回されてしまい、反射的な人生を送りやすいでしょう。
(それはおそらく不快から逃げ続ける結果を生むでしょう)

より大きな幸福(平和)のために
わたしは目の前の痛みを活かしてゆきたいと思っています。

わたしは自分の人生の中で「調和しないもの」を見つける度に
不快に感じましたので それらを取り除こうとしてきました。

そのプロセスはわたしを成長させてくれたと思います。
現在わたしの個人的な人生には不快はありません。

そうなると自然に自分の人生から枠を広げて 
自分の周りの人々 世界へと
その範囲を拡げていくようになるのだと思います。

自分の人生にまた「不快」が現れれば、
わたしはまずそれを取り除こうとするでしょう。

世の中の「不快」から反射的に逃げてしまう人は、
自分の人生の不快からも逃げてしまいやすいのではないでしょうか?
それではその不快はいつまでもなくならないのではないですか?

わたしたちは現実を変える力を持っています。
それを持たないと信じている人は
見たくない現実を見ることを避けようとします。

でもわたしたちは変える力を持っているんです。

それを見て怖れたり 不安になったり
落ち込んで無力感に陥ってしまうのではなく
別の自分が望んでいる未来を想定して
そのために行動してゆくことができるのです。

つまりわたしたちの現実に様々なことが起こるのは
わたしたちがそこから何かを学び
成長しより幸せな人生を生きてゆくためなのだと思います。

これが スピ系の人にとっては「ネガ」と言われる情報を
わたしが発信する理由です。


HPトップページへ
インナーチャイルド専門セラピスト






コメント

  • ありがとうございます。むずかしいのですよね。

    初めまして。インナーチャイルドで検索してこちらに来ました。

    「より大きな快」のために「目先の不快」を選択する
    「より大きな不快」を避けるために「目の前の快」を捨てる
    のは成長した人がとる選択です。

    私はそう思って、夫との関係で嫌なことに耐え、
    モラハラ、DVを受け続けてしまいました。

    夫といい関係であるために、嫌なことを我慢する、べきなのか。
    嫌なことを嫌と言うほうがうまくいくのか、

    いつもいつも悩み、選択し、嫌な目にあって、
    「考えに考えて選んでも間違った選択をしてしまうなあ、
    これは自分の中に歪みがあって、
    いい選択をしているつもりで間違ったほうを選んでしまうのだなあ」
    と思っていました。

    夫の嫌な提案を「いいよ」といって受け入れることが
    将来の「より大きな快のために目先の不快を受け入れる」
    なのだと思うこともできるし、

    嫌なことを嫌だと言って夫からモラハラを受ける覚悟をすることが
    将来の「より大きな快のために目先の不快を受け入れる」
    なのだと思うこともできるし、

    むずかしいです。


  • Re: ありがとうございます。むずかしいのですよね。

    コメント ありがとうございます。お返事が遅くなりました。

    まずわたしたちが「快」を求め「不快」を避けることは
    基本的な生存本能であるということを理解する必要があります。

    暴力を振るわれれば 次にその人から傷つけられないようにするための防衛反応が生じ
    その人を避けたくなります。

    それは自分を守るための行為です。

    そこには「こうすべき」「こうふるまった方がいい」などの思考が介入する余地はありません。

    一方 「自分が相手を刺激しなければ 暴力を受けない」「結婚したら妻は夫に従うべきだ」「一度結婚したらもうやり直すことは難しい」「夫の性格は変わらない」
    これらはすべて思考レベルの『思い込み』です。

    思考レベルの思い込みには実は真実はありません。思い込みなのですから。
    でもそれを「信じて」いる人にとっては動かしようのない真実と思えます。

    思考の言うことを聞いて「快」か「不快」かを判断することはできません。
    思考は「快」なのか「不快」なのかを感じることはできないからです。
    思考は「どっちが有利」で「どっちが不利」かしかわかりません。しかも実はそれもわかりません。その基準で考えますが、いつまでも答えが出せないからです。
    というのも思考は単にあなたの過去の体験のデータベースに基づいて「判断」しているだけだからです。
    つまり今まで思考が解決できなかったのなら これからも解決できないということです。


    この「快・不快」という『体感覚』と
    「有利・不利」という『思考』をごっちゃにしてしまうと全く何が何だか分からなくなります。

    とりあえずは「快・不快」の感覚に従うことをお勧めします。
    ご主人の暴力や暴言が「不快」と感じたのであれば 離れる、ことです。

    物理的に別の部屋や外に出る、などの距離を取ることもそうですし
    意識上も離れます。つまりご主人のことでブルーな気分になるのをやめて
    どうしたらいい気分でいられるか、別の楽しくなれることを考え始めるのです。

    それができたうえで
    次のステップ(より大きな改善)に進むことができると思います。

    >夫の嫌な提案を「いいよ」といって受け入れることが
    >将来の「より大きな快のために目先の不快を受け入れる」

    ことにはならないですよね?
    より大きな不快に結び付くと思います。

    嫌なことを嫌だと言って夫からモラハラを受ける覚悟をすることが
    将来の「より大きな快のために目先の不快を受け入れる」

    モラハラを「受ける」と決めないで「受けない」と決めたらどうでしょうか?
    これにはモラハラが始まったならその場にとどまらないで
    物理的に距離を取ることが有効ですよね?
    今まで慣れ親しんできたパターンを壊すのは難しく不快に感じます。
    でもあなたは誰からも暴力を受けるべきではありません。
    あなたは暴力を受けるようには生まれついてはいないのです。

    あなたがあなたの素晴らしさに気がついたなら
    誰にも暴力をふるうことを許したりはしないでしょう。

    あなたに天使のような素晴らしい子供がいるとして
    その子供をあなたのご主人がぼこぼこ殴ったりしたらあなたはどうしますか?

    あなたはそれを許さないでしょう。
    すぐい夫からその子を引き離し 安全な場所に非難するのではないですか?

    ご自分にも同じようにしてください。

    生活のことや世間体、親が心配する などの様々な思い込みによってわたしたちはがんじがらめになっています。

    でもあなた自身の人生をどのようなものにするのかは100%あなたにかかっています。

    嫌なことはには「NO」といい 決して暴力も暴言も許さない 
    とまずは決めてください。

    いざとなったら離れる、という覚悟を決めれば
    ご主人も目が醒める可能性がありますよ。

    答えになっていますか?
    あなたのより良い人生のためにお祈りします。






認証コード6289

コメントは管理者の承認後に表示されます。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional